DTMから感動の恩返し

金沢星稜大学DTM研究会公式ブログ
http://ksudtm.blog50.fc2.com/  presented by DTM-ken

メンバー紹介


DTM-ken

Author:DTM-ken
部長:モベ
SC-88Pro入手によりますますMIDI党に。

副部長:サテ
DTMに関する興味は部員一。
機材はRolandとKORGのモノが多い。

部員:竜夜
ループ作曲で手軽にできるDTMを研究中。

部員:NiYa
ボカロへの思い入れは部長をも凌駕。

顧問:Tani
DTM研はこの人のおかげでここまで来れました。

DTMに限らず、音に関するあらゆることを紹介するとともに、自分たちの活動報告なんかも書いていきます。


さぽている



初音ミクnano



カテゴリ



スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

monotronはすごい

2010/06/20 14:34|DTMTB:0CM:0
こんにちは、すごく久しぶりに記事を書いたサテです。

今回は、1か月くらい前に買ったmonotronについての感想を書きます。
monotronは、KORGの手のひらサイズのシンセサイザーです。
一見するとおもちゃのような感じのものですが、音は立派なアナログシンセサイザーでした。
本体に付いているスピーカーで聴いてもいい音なのですが、ヘッドフォンをつけて鳴らした方がいい音が聴けます。
monotronは、シンセサイザーを触ったことがない人でも直感的に使えるくらい構造がシンプルなので、シンセサイザーの知識があまりない僕でも、楽しく鳴らせました。
なので、monotronはシンセサイザー初心者にもおすすめです。
また、monotronには外部入力端子がついているので、フィルターとしても使えるのがいいです。
monotronを活用した曲や、それだけを使った曲をいつかは作りたいと思っています。
価格は5000円ほどなんですが、それ以上の価値があるものだと思うので、いい買い物をしたなあと思っています。
こんなすごいシンセサイザーを作ってくれたKORGさん、ありがとう!!

そろそろ生楽器

2010/06/19 23:54|DTMTB:0CM:0
こんばんは。モベです。

僕たちはDTMをやっていて、音作りはもちろん基本的にコンピュータで行っているわけですが、個人的になにか楽器をやってみたいなぁと思っています。
まぁ、このサークルは「音楽が好きだけど楽器が演奏できない」ということから始まったサークルなのでなんか矛盾してる気がしなくもないんですが(笑
音楽を本格的にやるならやはり生楽器をやるのもいいとのことなので、何か一つくらいできた方がいいかなと。
もちろん何か引けるとかっこいいという下心もあるんですが(笑
今やってみたいのは中国の伝統楽器である「二胡(胡弓)」です。
あの独特の音が好きですし、第一DTM音源にこの音が収録されてないんですよ。
RolandのDTM音源でも圧倒的な音色数を誇るSC-88ProやSD-90にもこの音がないんですよねぇ。
(訂正。SC-88ProのFiddleのバンクにありました。しかし、あんまりそれっぽくない。エフェクトかければいいんでしょうが。)

ということで、せっかくなら生楽器でやってみようということになったわけです。
入門セットなどで安く手に入るものもありますし、ちょっと考えてみようと思います。

新入生歓迎

2010/06/06 00:16|雑記TB:0CM:0
こんばんは。モベです。

プロフィールの欄で気づいた人もいるかも知れませんが、この度新入部員のNiYaが入りました。
一部ではオタク部とかいわれてる部ですが、入っていただき嬉しく思います。
主要メンバーもすでに4年生で卒業してしまいます。
そうなるとこのサークルも休部危機なので、何はともあれ一安心です。
もっと入って欲しいという気もしますが、あんまり入りすぎてもあれですし、なにより、幽霊部員とかとりあえずで入る人を作りたくはないですしね。
細々と、そしてやることはハデにやっていきたいと思います。
オタクと言われようが頑張っていきたいと思います。
というか、実際オタクの集まりみたいなものなんですけどね(笑
さて、これからもどんどん活動していきたいと思います。

UTAU導入

2010/05/31 22:18|DTMTB:0CM:0
こんばんは。モベです。

今回、ニコニコ動画等で流行っている重音テトなどを使うことができるツール「UTAU」を導入してみました。
簡単に言うとボカロみたいなものですね。
使ってみると画面は思いっきりMIDIのシーケンス画面。
まぁ、ボカロもほとんどMIDIシーケンサと変わらないインターフェースですけど(笑
ボカロと同じ感覚で出来るところがいいですね。
今のところ、デフォルト音源でやっています。
まぁ、技術的にはボカロが上でしょうけど、補助的要素には使えそうです。
どう使おうか思案中です。
とにかく、僧侶よりは役に立つでしょう(笑

僧侶様降臨

2010/05/16 23:57|DTMTB:0CM:0
こんばんは。モベです。

意味不明なタイトルですが、僧侶ことディレイ・ラマのインプレです。
サテさんと話してて僧侶の話題が出てきたので、急に思い立って導入してみました。
これってスタンドアロンだと思ってたらVSTだったんですね。
とりあえず、VSTが扱い易いMusic Maker 2もといJamバンドに導入しました。
Jamバンドに僧侶が入るとかなんか想像したらカオスですが(笑
ネタ的な感じがするディレイ・ラマですが、使ってみるとなかなか面白い。
MIDIのChoir Aahsのような使い方をしていけばかなりいい感じになると思います。
もちろんネタ曲に使ってもいいですけどね(笑
VSTで起動した時のインターフェースにはなんとも言えない僧侶の表情がありますが、インターフェースそのものはすごく使いやすいと思います。
VSTなのでMIDIとは別にいろいろ編集できるのでいいです。
けっこう最近はサウンドスケープの要素も取り入れていこうと思うので、それのためにエフェクトの練習とかにも使えますかね。
声の質も細かく調整できるので、うまく使えばボコーダー通した声としても通用しそうです。
これはいい。
今度から曲作りで積極的に活用していきたいと思います。
でも、どう使おうか(笑

バナー


バナー

自由にお持ち帰り下さい


訪問者数



閲覧者数


現在の閲覧者数:


ラジオ掲示板


星でぃ~ラジオ

DTM研のネットラジオ企画の掲示板です


最新記事



最新コメント



検索



リンク


このブログをリンクに追加する


QRコード


QR


 |  DTM | 雑記 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. 金沢星稜大学DTM研究会公式ブログ
Powered by FC2ブログ.  template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。