DTMから感動の恩返し

金沢星稜大学DTM研究会公式ブログ
http://ksudtm.blog50.fc2.com/  presented by DTM-ken

メンバー紹介


DTM-ken

Author:DTM-ken
部長:モベ
SC-88Pro入手によりますますMIDI党に。

副部長:サテ
DTMに関する興味は部員一。
機材はRolandとKORGのモノが多い。

部員:竜夜
ループ作曲で手軽にできるDTMを研究中。

部員:NiYa
ボカロへの思い入れは部長をも凌駕。

顧問:Tani
DTM研はこの人のおかげでここまで来れました。

DTMに限らず、音に関するあらゆることを紹介するとともに、自分たちの活動報告なんかも書いていきます。


さぽている



初音ミクnano



カテゴリ



スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SD-20の簡単な感想

2009/08/11 16:58|DTMTB:0CM:0
こんにちは。しばらく前に、副部長になったサテです。
これからもよろしくお願いします。

今回は僕が持っているEDIROL SD-20というハード音源についての感想を書きます。
この音源は簡単に言うと部長のモベさんが持っているSD-90の機能限定版というところです。
これは現在RolandのMIDI音源で新品で買える数少ない音源で、36,000円ぐらいします。
SD-20を買った理由は、MIDIの音源が欲しかったということもありましたが、
これを買えばProduction Plus Packというものが無償でついてくるということもありました。Production Plus PackにはDTMに欠かせないDAWであるSONAR 6 LEなどが含まれています。
このソフトはタダですが、「どうしてこんなものがタダなんだ!」と思えるぐらいすごいものです。
なので、SONAR 6 LEは今の僕のメインのDAWとなっています。
ここからは、やっとSD-20の感想を書きますか。
まず、SD-20でMIDIの音質は向上しました。いい音です。
僕のPCは古くて性能は良くないので、ハード音源はPCの性能に左右されないというのもいいです。
sd-20には、各音色を変えるエディタがついています。
音色を変えて、新たな音を作ることはMIDI音源やシンセサイザーとかの
醍醐味のような所だと思いますが、
そのエディタを使いこなすところに至っていません。でも、音を変えるのは楽しいですね。
感想はそれぐらいですね。

今のところ、ハード音源をSD-20以外に持つつもりはありません。
お金をかけるなら、オーディオインターフェイスやDTMソフトなど違うところにかけつつ、
フリーソフトで頑張るという方向で曲作りなどしていきたいと思っています。
スポンサーサイト
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ksudtm.blog50.fc2.com/tb.php/94-a4f3c490

バナー


バナー

自由にお持ち帰り下さい


訪問者数



閲覧者数


現在の閲覧者数:


ラジオ掲示板


星でぃ~ラジオ

DTM研のネットラジオ企画の掲示板です


最新記事



最新コメント



検索



リンク


このブログをリンクに追加する


QRコード


QR


 |  DTM | 雑記 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. 金沢星稜大学DTM研究会公式ブログ
Powered by FC2ブログ.  template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。