FC2ブログ

DTMから感動の恩返し

金沢星稜大学DTM研究会公式ブログ
http://ksudtm.blog50.fc2.com/  presented by DTM-ken

メンバー紹介


DTM-ken

Author:DTM-ken
部長:モベ
SC-88Pro入手によりますますMIDI党に。

副部長:サテ
DTMに関する興味は部員一。
機材はRolandとKORGのモノが多い。

部員:竜夜
ループ作曲で手軽にできるDTMを研究中。

部員:NiYa
ボカロへの思い入れは部長をも凌駕。

顧問:Tani
DTM研はこの人のおかげでここまで来れました。

DTMに限らず、音に関するあらゆることを紹介するとともに、自分たちの活動報告なんかも書いていきます。


さぽている



初音ミクnano



カテゴリ



スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DTMは教育に生かせるか

2009/04/29 22:40|DTMTB:0CM:0
こんばんは。モベです。

突然ですが、僕は将来の進路として高校の情報教員を目指しています。
教員を目指す以上はしっかりと勉強するのは当たり前ですが、もちろんDTMも続けていくつもりです。
高校教師になってもミクを愛する心は忘れません(笑
今は現状は把握出来ていませんが、顧問のTaniさんの研究でDTMを教育現場に生かすと言うのがありました。
もちろん高校の情報教員が音楽を受け持つことはできませんし、授業も教科書に沿わなければいけないでしょうから自分の高校でそれをすることは難しいでしょうけど。
しかし、初音ミクがとても優れたDTMソフトであることは、DTM界空前の大ヒットがそれを証明しています。
そんな優れたソフトをもっと遊びや一部のユーザーのものにせずに幅広く、特に教育現場に使えればと思っています。
その研究はTaniさんもやっていましたし、実際に僕達も少し研究に協力させていただきました。
それをより大きく発展できればと僕は考えています。
まぁ、教師の道はまだ確定していませんし、実際どう発展させるべきかは何も考えてはいないわけですが。
しかし、せっかく大学でこんな今までの人生では考えられなかったことをさせていただいてるのですから、今度は教授と顧問という関係ではなく、同じ研究者という立場で、よりDTM界および教育現場を盛り上げていきたいと思ってます。
願わくばリアルで「クリプトン最大の誤算」となるように(笑
スポンサーサイト
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ksudtm.blog50.fc2.com/tb.php/76-adaa30ba

バナー


バナー

自由にお持ち帰り下さい


訪問者数



閲覧者数


現在の閲覧者数:


ラジオ掲示板


星でぃ~ラジオ

DTM研のネットラジオ企画の掲示板です


最新記事



最新コメント



検索



リンク


このブログをリンクに追加する


QRコード


QR


 |  DTM | 雑記 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. 金沢星稜大学DTM研究会公式ブログ
Powered by FC2ブログ.  template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。