FC2ブログ

DTMから感動の恩返し

金沢星稜大学DTM研究会公式ブログ
http://ksudtm.blog50.fc2.com/  presented by DTM-ken

メンバー紹介


DTM-ken

Author:DTM-ken
部長:モベ
SC-88Pro入手によりますますMIDI党に。

副部長:サテ
DTMに関する興味は部員一。
機材はRolandとKORGのモノが多い。

部員:竜夜
ループ作曲で手軽にできるDTMを研究中。

部員:NiYa
ボカロへの思い入れは部長をも凌駕。

顧問:Tani
DTM研はこの人のおかげでここまで来れました。

DTMに限らず、音に関するあらゆることを紹介するとともに、自分たちの活動報告なんかも書いていきます。


さぽている



初音ミクnano



カテゴリ



スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・モベのオーディオ話

2009/03/17 23:44|雑記TB:0CM:0
こんばんは。モベです。
最近はオーディオにこだわるようになり、より作業環境が良くなりました。
サウンドスケープをMIDIの音と重ねるよう模索したり、譜面のある曲をあえてピアノロールで作ってみたりといろいろやってます。
音環境が良くなるとそれだけモチベーションもアップします。
そしてより音楽を聴きたくなります。
おかげで作曲は超がつくほどのスローペースですが(笑
音が良くなると今度は元データのビットレートの違いもハッキリしてきます。
耳がいい人はショボいスピーカーでも分かるらしいですが、しっかりしたスピーカーやヘッドフォンだとより分かりやすくなっています。
僕のオーディオ関係はどれも1万円クラスのものなのではっきり聞こえます。
ビットレートの違いによる音劣化の度合いもなかなか聞いてて面白みがあります。
そのため、自分がMP3データを作成するときも最高ビットレートで作成しています。
せっかくならより良い音で鳴らしたいですからね。
DTMは低資金からでも開始できるのが魅力ですが、一歩先に行くにはやはり投資が必要です。
MIDI音源と同じく、スピーカーやヘッドフォンも古いからと言って音が悪いとは限りません。
特にスピーカーはいいやつは20年以上前のものでも現代のものに負けませんからね。

音が良ければ普通に音楽を聴いてるだけでも創作意欲が湧いてきます。
資金があればどんどんオーディオ環境も整えたいですね。
スポンサーサイト
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ksudtm.blog50.fc2.com/tb.php/70-8f178720

バナー


バナー

自由にお持ち帰り下さい


訪問者数



閲覧者数


現在の閲覧者数:


ラジオ掲示板


星でぃ~ラジオ

DTM研のネットラジオ企画の掲示板です


最新記事



最新コメント



検索



リンク


このブログをリンクに追加する


QRコード


QR


 |  DTM | 雑記 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. 金沢星稜大学DTM研究会公式ブログ
Powered by FC2ブログ.  template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。