DTMから感動の恩返し

金沢星稜大学DTM研究会公式ブログ
http://ksudtm.blog50.fc2.com/  presented by DTM-ken

メンバー紹介


DTM-ken

Author:DTM-ken
部長:モベ
SC-88Pro入手によりますますMIDI党に。

副部長:サテ
DTMに関する興味は部員一。
機材はRolandとKORGのモノが多い。

部員:竜夜
ループ作曲で手軽にできるDTMを研究中。

部員:NiYa
ボカロへの思い入れは部長をも凌駕。

顧問:Tani
DTM研はこの人のおかげでここまで来れました。

DTMに限らず、音に関するあらゆることを紹介するとともに、自分たちの活動報告なんかも書いていきます。


さぽている



初音ミクnano



カテゴリ



スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金沢文化フォーラム・フェスティバル

2009/02/17 00:32|DTMTB:0CM:0
こんばんは。モベです。

15日の日曜日に石川県立音楽堂で「金沢文化フォーラム・フェスティバル ~加賀友禅と音の風景」というイベントに参加してきました。
しかも、今回は一番最初に発表という、かなり重要な役。
発表者と同時に裏方スタッフとしても参加です。



まずは能登プロジェクトで取材してきたサウンドスケープの発表。
動画自体は大量にあったのですが、編集する時間がなかったので仕方なく無編集のまま発表。
機材のセッティングなどもあって、上手く発表出来ませんでしたが、その辺りは説明などでカバーしました。
取材は楽しかったですし、撮った音もすごく良かったんですが、それを上手く伝えられたかはどうなのか・・・

次にDTM研の研究発表。
一番緊張しました。
自分達の自作の曲を発表するときにはそれぞれのコンセプトや作り方を紹介しましたが、見事にみんなバラバラな作り方。
個人で自分のスタイルで曲作りを行うのがDTM研のスタイルなので、とても良かったと思います。曲もみんな良かったし。
僕が個人で取材した東京のサウンドスケープも発表。いい感じだったと思います。でもスタイルはやっぱり能登プロジェクトと同じ発表の仕方なのが残念。
ネットラジオの収録風景の紹介もしました。普段は集まって録音しないので、自分達でも新鮮でした。いい意味でアットホームにできました。

また、顧問のTaniさんの即興演奏があったんですが、即興であれだけ弾けるのはすごい。やっぱプロだ。
サウンドスケープも僕達とは比べ物にならない物でした。とても15年前の作品とは思えないくらいの。

8月のイベントと合わせると2回目の大きなイベントでしたが、無事終了しました。
今度はもっといい物にしたいと思います。
スポンサーサイト
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ksudtm.blog50.fc2.com/tb.php/65-4cdacaff

バナー


バナー

自由にお持ち帰り下さい


訪問者数



閲覧者数


現在の閲覧者数:


ラジオ掲示板


星でぃ~ラジオ

DTM研のネットラジオ企画の掲示板です


最新記事



最新コメント



検索



リンク


このブログをリンクに追加する


QRコード


QR


 |  DTM | 雑記 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. 金沢星稜大学DTM研究会公式ブログ
Powered by FC2ブログ.  template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。