FC2ブログ

DTMから感動の恩返し

金沢星稜大学DTM研究会公式ブログ
http://ksudtm.blog50.fc2.com/  presented by DTM-ken

メンバー紹介


DTM-ken

Author:DTM-ken
部長:モベ
SC-88Pro入手によりますますMIDI党に。

副部長:サテ
DTMに関する興味は部員一。
機材はRolandとKORGのモノが多い。

部員:竜夜
ループ作曲で手軽にできるDTMを研究中。

部員:NiYa
ボカロへの思い入れは部長をも凌駕。

顧問:Tani
DTM研はこの人のおかげでここまで来れました。

DTMに限らず、音に関するあらゆることを紹介するとともに、自分たちの活動報告なんかも書いていきます。


さぽている



初音ミクnano



カテゴリ



スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DTM近況

2010/04/20 12:46|DTMTB:0CM:0
こんにちは、モベです。

就職活動中でみんな忙しい中、僕は短いながらもアレンジに取り組んでいます。
せっかく大学にいるんだから校歌をどうにかかっこよくできないかと目論んでる次第です。
出来れば大学の紹介くらいには使われるようなものを作りたいところですね。
今年度用の学科紹介のビデオは僕が作ったりしましたが(笑
ということでSD-90とSC-88Proの使い方を勉強しなおし中です。
現在音楽作る暇がなく、SD-90はサウンドミキサー、SC-88ProはMIDI再生機と化してますが、盛大に使い倒したいところ。
音の質が若干違うのが気になるところですが。
未だにSC-88Proは現役で使っている人も多いですし、SD-90もかなり評価の高い音源なので、どう使いこなすかがカギですね。
個人的にSC-88Proはドラム、SD-90はシンセ系が好きなので、ドラムはSC-88Pro、シンセはSD-90で他は状況に応じて使いこなすってパターンですかね。
現在持ってるソフト音源のAirfont380Finalも、レイテンシの問題がありますが、特に弦楽器系がハード音源に引けを取らない品質なので、こちらも有効に使いたいところ。
そういえばAirfontもGS系なので、思いっきりRoland党ってことが分かりますね(笑
YAMAHAはTG100を使ったことがありますが、あれはGMですし。
まぁ、RolandのXGも悪くないので別に要らないですかね。
さて、どんな感じで作りましょうかね。
スポンサーサイト

DTMの定番、SC-88Pro

2010/04/02 23:18|DTMTB:0CM:2
こんばんは。モベです。

タイトルにもある通り、DTMやってる人の間では定番とも言える音源モジュール、SC-88Proを手に入れたので、まだそんなに使い込んでいないんですが、簡単なインプレ。
まず、音色数が素晴らしいですね。
ホワイトノイズとかどこで使うんでしょうか(笑
単純に音楽作る以外にもいろいろ出来そうです。
あと、エフェクトは結構いじりやすい印象ですね。
とはいっても、僕はまだエフェクトを使いこなせてるわけではないので、あんまり大したことは言えないんですが・・・
これを使って、SC-88Pro推薦のMIDIを聞いてみたんですが、やはりSD-90とは全然違います。
音のクリアさで言えば、新しいSD-90の方がサンプリングレートの関係で良くなってるんですが、音色が豊富な分、SC-88Proの方が迫力がありました。
特にドラムがかっこいいですね。POWERあたりの音が素晴らしい。
素人の耳で聴き比べをしてみると、SC-88Proはドラムやベースなどの比較的低音の楽器がよく聞こえ、SD-90はシンセなどの高音の楽器が聞こえます。
サウンドキャンバスシリーズが低音系、スタジオキャンバスシリーズが高音系という感じですかね。
どちらもそれぞれの特徴があっていい感じです。
さて、これだけではSC-88Proの魅力をほんの少ししか語ってません。
もっと使いこなせるように頑張ります(SD-90も)。

SC-88Proが何故DTMの定番と言われるのか、少しだけ分かった気がします。

バナー


バナー

自由にお持ち帰り下さい


訪問者数



閲覧者数


現在の閲覧者数:


ラジオ掲示板


星でぃ~ラジオ

DTM研のネットラジオ企画の掲示板です


最新記事



最新コメント



検索



リンク


このブログをリンクに追加する


QRコード


QR


 |  DTM | 雑記 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. 金沢星稜大学DTM研究会公式ブログ
Powered by FC2ブログ.  template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。